· 

人間関係が苦手だった私が気づいたこと✨

YouTubeの動画の音声をテキスト変換しました。

人間関係を良好にするためには

人間関係を良好にする

ちゃんとしようとすればするほど

ちゃんとできてないところを

指摘されたりもするんですよ。

 

それで怒られないように生きるという

ことに意識が向いてしまうんですね。

 

そうするとですね、

良好に保つというよりも

自分が怒られないように

っていう風に生きてしまうので

自分を守ることばっかり考え始めるんですね。

 

そうしてしまったら人間関係が悪くなるんですよ。

 

つまり自分を正当化するために行動してしまう

ようになって行きます。

 

皆さんこんにちはマリアです。

 

今回は人間関係で大切なことについて

お話ししていきたいと思います。

 

このチャンネルでは

幸せに特化したお話をしております

 

このチャンネルを見ていいなぁとか

ためになったなーと思ったら

 

高評価とコメント、

チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

最新情報は公式lineからゲットできますので

公式lineの登録もよろしくお願いします。

 

twitter・instagram、

ブログも書いておりますので、

そちらの方のチェックも

是非よろしくお願いします。

 

今回は人間関係について

大切なことについて

お話をしていきたいと思います。

 

私自身ですね、共同生活ということを

よくしておりました。

 

シェアハウスなどにいたりとか、

そうやって他人と一緒に住むという

経験をしたりとかですね。

 

あとビジネスなんかも

従業員さんとかそういった方達、

全然、自分とは関係のないような

世界で生きてきた方と

共同でビジネスをしていく

っていうことを経験していった中でですね。

 

人間関係において大事なものに

気づくことが出来ました。

 

皆様もお仕事場だったりとか、

家庭の中だったりとか、

パートナーシップだったり、

お子さんとの関係の中でも

全て活用できることですので

今回のお話を聞く事によって

人間関係が良好になっていく

ということをお伝えしていきたいと思います。

 

まずですね、

一般的に人間関係を良好に保つために

例えば、まあ、お家の中だったり、

会社の中であっても

ちゃんとすることが人間関係を良好にすると

私は思っていたんですね。

 

ですので、

ちゃんと掃除をしたりとか、

そういったことにすごく気を使っていました。

 

トイレ掃除をしたりとか、

洗い物をしたりとかお家の中であったり、

共同生活であればお洗濯をしたりとか、

そういったことを大事に

迷惑をかけないようにお仕事だったり

共同生活をしていたんですけれども、

そうやってちゃんと

しようとすればするほどですね、

なぜか人間関係が

悪くなっていくという経験をしたんです。

 

ちゃんとしていないと駄目なので

すごく人の目が気になり始めるんですね。

 

ちゃんとしようとすればするほど

ちゃんとできてないところを

指摘されたりもするんですよ。

 

それで怒られないように生きるという

ことに意識が向いてしまうんですね。

 

そうするとですね、

良好に保つというよりも

自分が怒られないように

っていう風に生きてしまうので

自分を守ることばっかり考え始めるんですね。

 

そうしてしまったら人間関係が悪くなるんですよ。

 

つまり自分を正当化するために行動してしまう

ようになって行きます。

 

そしたらなんだか不思議と

自分はちゃんとやっているのに

あの人はちゃんとやっていないという風に

誰か悪い人を作ってしまう、

そうすることで人間関係が

崩れていってしまうんですね。

 

これはお仕事の中でも

家庭環境の中であっても同じなんです。

 

子育てにおいてもそうですし、

学校での関係性だったり

そういったことが引き金となって

人間関係が崩れてしまう

ということが起きるんですね。

 

それは私自身もそういった経験をしてきました。

 

それで人間関係が苦手だと

私は思い込んでいたんですけれども

その苦手っていうのは

人間関係を良好にするという

基準がずれていたからだ

ということに気づいたんですね。

 

それではここから人間関係を良好にしていくには

どこを軸にしたらいいか

って言うと信頼関係なんですね。

 

まずですね自分を信じることに

なってくるんですけれども、

ちゃんとしようということを

まず外していくんですね。

 

自分が怒られないようにするとかではなくて

自分がどういった共同生活で

良い関係を築いていきたいのかとか、

どういったパートナーシップでいたいのか、

どういう子供との関係でいたいのか、

どういう仕事場との

関係でいたいのかっていうことを

まず自分がどうしたいのかっていうのが、

やっぱり大事になってくるんですよね。

 

私自身共同生活をしていた時に

私はどうしたいかっていうことを

見た時にですね、

例えば私だったら

洗い物をしたい人がすればいいし、

洗濯をしたい人がすればいいし、

眠りたい時に眠ればいいし、

そういったことは

私にとったら

あまり関係のないことだ

ということがわかったんですね。

 

その中でちゃんとしなさい

っていう風に言われると

やはり私自身も萎縮して

そこに居づらくなってしまう

という経験をしました。

 

なので何が大事なのかっていうところを

いつも見てるんですけれども、

信頼しあうっていうところが

すごく大事だと思ったんですね。

 

その人がやっていることを尊重する。

 

そして私自身、

自分の事も信頼する。

 

自分を信頼するって言うのは

自分がどうしたいかが分かっていると

信頼できてくるんです。

 

私はどういったことをやりたいかっていうと

私自身は使命感を持っています。

 

この使命、

地球を愛の星にするという

使命に沿って突き進んでいってるという、

ただそれだけなんですね。

 

そして私は私のところに

来てくださる方を幸せにしていく、

幸せな気持ちにしていく

そういったことを使命として生きています。

 

その軸っていうものが

しっかりあることで

ちゃんとするということは

私にとったらどうでもいいことなんですね。

 

ですので

それを相手に強要しません。

 

それよりもその人を

私は信じたいと思っていますので

その人のことを知りたいんですね。

 

どうして今そんなこと思っているのかなとか、

どうして今こんな風に

なってるのかなということに

私自身が興味があります。

 

ですのでコミュニケーションを

取っていくっていうことを

私はとっても大好きなんですけれども

共同生活をしている中でも

自分ではない考えを持っている人と

生活する時に

それが

興味に変わった時に

面白さに変わるんですよ。

 

だから、

この時何でこう思ったの?とか、

何で今こんなことしてるの?っていう風なことを

ちゃんとしなさいっていう風な目線ではなくて

興味で人の話を聞くようになったんですね。

 

そしたら人って面白くて

自分が思っていること以外の

素晴らしい発想を持っていたり

するわけなんですよ。

 

でそういったことで動いてたのか

という風にわかると相手のことを

尊重することができるので

信頼関係が生まれるんです。

 

そうした時に相手が何をしていようと

不信感に思うこともないですし、

面白いなという風に思ってきます。

 

そして私はこんな使命感を持って

生きてるんだっていうことを

またそれを伝えるわけです。

 

そしたらその使命感を

共感できるわって思う方が

私と一緒にいてくれたりとか

会話してくれたりするんですね。

 

つまり私自身、

人間関係で必要だなぁと思う事っていうのは、

やはり個の尊重だと思っています。

 

個人個人がいろんな個性を持っていて

それを知っていくっていう興味

を持つということをしていくと

人間関係が本当に良好になってくるんですね。

 

私のイメージでは

一人一人が個として存在していて、

そこでこうやって会話って言うかな

そういうものが繋がっていくと

人間関係って

実は曼荼羅みたいな模様になる

っていう風に気付き始めたんですね。

 

人間自体の関係性っていうのは

曼荼羅のように少し距離が必要なんです。

 

次の次の点っていう風にそこをくぐる時に

あまりに近いとそれが

曼荼羅にはならないんですよね。

 

曼荼羅をイメージしていくといいんですけど

空間があります。

 

そこに美しさがあるんですね。

 

よくですね、

人間関係っていうのでも

自分というものの意見を押し付けてしまうと

人をコントロールする

ということが起きてしまって、

すごく共依存になってしまうんですね。

 

この時は美しいコミュニケーションが

取れないですので

 

どちらかと言うと押し付けって

いう風になるので

人は離れていってしまいたくなります。

 

離れていくものを

自分の所にいなさいって言うと

それは美しい曼荼羅はできないんですね。

 

私はこう思っている。

 

あなたはこんなこと思ってるんだ

っていう風に興味を持つと、

そこにいい空間が生まれるんです。

 

そしてそれからの

コミュニケーションを取ることによって

綺麗な会話が出来て行きます。

 

そしたら、

そこに曼荼羅みたいな

人間関係が生まれてくるんですね。

 

なので。まとめますと

良好な人間関係を築くにはですね、

まず自分というものがどうしていきたいのか

ということを知ること。

 

そして、

相手という個が何を思っているのか

ということに興味を持つこと。

 

そして、

個と個でいい距離感を持って

良いコミュニケーションを

とっていくとそこには

曼荼羅みたいな美しい人間関係が出来てきます。

 

私はに良い人間関係を築くためにも

自分はどうしたいのかっていうことを毎日ですね、

内観しています。

 

もしですね、

軸がない方っていうのも

私を軸にして頂くと、

そこから円滑な曼荼羅みたいな

関係性が生まれてきたりもするんですよね。

 

なので軸がない方っていうのは

私はその方の発想とか思いとかを

聞くことによって

だんだんとその方にも軸ができてくるって

言う体験をよくしております。

 

ですので、

まず私自身はですね、

私がぶれないように

自分の軸

使命感をしっかり持つということが

人間関係を良好に保つことだと思っていますので

そこをとっても大事にしております。

 

もしも、

そうやって人間関係を良好にできないとか、

自分軸が分からないとか、

これからどうして行っていいか

わからないっていう方は、

このマリアスピリチュアルの

チャンネルを見ていただくだけで、

そういった人間関係が良好にできるような

自分軸っていうものを私を見ていただくことで

違う発想になっていくので

世界が変わってくるということが起きてきます。

 

そんな風にですね、

自分の人間関係を良くしたいなと

思う方はこのチャンネル、

この回を何回も見ていただくと、

気づいていただけるんじゃないかなと

思っております。

 

私は皆さんの幸せをずっと願っております。

 

このチャンネルでは幸せに

特化したお話をしております。

 

このチャンネルを見ていいなぁとか

ためになったなーと思ったら、

高評価とコメント、

チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

最新情報は公式lineからゲットできますので

公式lineの登録もよろしくお願いします。

 

twitter・instagram、

ブログも書いてますので

そちらの方のチェックも

是非よろしくお願いします。

 

いつも最後までご視聴いただき

ありがとうございます。

 

またこのチャンネルでお会いしましょうね。

 

それではまたね〜💖